導入事例

ソリューション例

Case.01 A運送会社さま 車両保有台数300台

課 題

  • 突発的な修理費用の発生頻度が高く、コスト予想が付きづらい。
  • 車両への投資(新車購入費)が経営の負担になっている。

ご提案内容

登録済み未使用車プランをご提案
保有車両の価値高騰をアナウンス

設備投資コスト減 コストの平準化

解 決!お客さまの声

定期的な設備投資の他に、老朽化による車両の入れ替えを検討していたところ、登録済み未使用車によるR.リースの提案を頂きました。
老朽化の進んだ車両の売却タイミングのアドバイスも頂き、3年おきに登録済み未使用車を用意してもらえるため、修理コストを軽減することが可能となりました。自社保有車両とのバランスを見ながら、R.リースによる増車を検討中です。

Case.02 B運送会社さま 車両保有台数80台

課 題

  • 顧客ニーズによる突発的な設備投資が負担になっている。
  • 稼働率の低くなった保有車両の見直しが進まない。

ご提案内容

中古車プランをご提案
保有車両の実勢価格の算出

ニーズへ柔軟対応 実勢価格把握

解 決!お客さまの声

日々変化する顧客からの物流ニーズの変化に頭を悩ませていたところ、リアライズコーポレーションから中古でのR.リースの提案を受けました。1年からの契約が可能と聞き、購入よりもリスクが少ないと判断し導入に至りました。同時に保有車両の実勢価格の見積もりをいただき、稼働率の低い車両を売却。運転資金に回すことで資金繰り安定に繋がりました。
また、実勢価格の見積りから保有車両に含み益があることを知り、金融機関からもより良い評価を頂くことができました。

Case.03 C運送会社さま 車両保有台数10台

課 題

  • 運転資金を調達したい。
  • 金融機関の与信枠が不足している。
  • 車両導入のイニシャルコストを減らしたい。

ご提案内容

中古車プランをご提案
適正中古車の調達

財務基盤強化 コスト減

解 決!お客さまの声

ドライバーの増員があり、増車を検討していたが、銀行の与信枠が不足し車両が用意できなかった際にR.リースの提案を頂きました。中古車両購入の際にも、希望する仕様の車両を調達して頂き助かりました。
利用期間中に運転資金を蓄えて、2年後には新車を購入する予定です。

R.リースについてもっと知る

ページトップへ戻る